大会長挨拶Greetings

会長写真

第33回日本生体磁気学会学術総会
会長 栗栖 薫
広島大学大学院医歯薬保健学研究科 脳神経外科学 教授

第33回日本生体磁気学会開催にあたって

第33回日本生体磁気学会大会を平成30年6月15日(金)、16日(土)の2日間、 広島県医師会館で開催させていただきます。30年を越える伝統がある日本生体磁気学会の学術総会を広島大学脳神経外科が担当させて頂く機会を頂き大変光栄に存じております。

日本生体磁気学会は、生体から発生する磁気・電場、さらに磁気の生体への影響関連の研究者と技術者が一堂に介する我が国唯一の学会です。本大会では生体磁気、電場に関わる計測装置、計測・解析手法、脳磁図、心磁図、磁気刺激、磁場影響、磁気共鳴画像(MRI)、中枢神経、呼吸・循環器疾患への診断、治療への応用と生体と磁気に関わる医学系および工学系の発表が予定されております。正に医工連携を実践する学際的な学会として発展してきました。本学会の基礎を作られこれまで発展させてこられました、歴代の理事長、理事、評議員をはじめ多くの先輩諸兄に改めて敬意を表するものであります。

今回、学会の主題を「脳磁図の再評価とさらなる発展を目指して」として、海外から米国クリーブランドクリニックのRichard C. Burgess先生、カナダのトロント小児病院の大坪宏先生に講演を賜ることになりました。また新企画として静磁場刺激のセッションを設け、スペインの国立対麻痺病院のAntonio Oliviero先生に講演を賜る機会を得ました。

会場は、近年新たに竣工されました「広島県医師会館」のホールを中心に行う予定です。再開発が進んだJR広島駅の新幹線口から歩いて5分程度で到着できる交通の便のいいところです。

皆様の来広を楽しみにお待ちしております。

広島大学医学部脳神経外科
〒734-8551 広島市南区霞1-2-3
TEL. 082-257-5227 | FAX. 082-257-5229
E-mail. biomag2018-office@umin.ac.jp
株式会社ドゥ・コンベンション
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-23-5F
TEL. 03-5289-7717 | FAX. 03-5289-8117
E-mail. biomag2018-office@umin.ac.jp
Copyright © 2018 The 33rd Annual Meeting of Japan Biomagnetism and Bioelectromagnetics Society. All Rights Reserved.